ひとつのねがい


 
私は君や彼女たちの痛みを忘れ
 
自分の痛みだけを考えていた、
 
私たちのよろこびは偽りであったか
 
ほんとうであったか? はじまりのころのあの怖れは?
 
 
   風変わりな給仕のいる舞踏会で
 
   黄金の降り注ぐ壁に囲まれ
 
   ペチュニアの花々のまんなかで私たちは茶をたのしんだのは
 
   二年前のことだった。
 
 
      私は仮装して
 
      ホテル パールの前扉を通って彼女に会いにゆき
 
      そして実際まったく驚くべきことに
 
      大騒ぎの後扉の幕切れだった。
 
 
         すべてステンド ガラスとカラー タイル造りの
 
         ジャム セホロのシンデーのバロック風な家で
 
         私たちは私たちが戦った戦争や
 
        あの将軍の狡猾な欺瞞について話しあった。
 
 
            ビガン・アクタールは帯剣を外し
 
            「イェ ナ チ ハマリ キスマト」
 
            私は陰謀と残酷な秘儀の
 
            ビザンチンの物語を披露した。
 
 
               それから二年後の同じ日に
 
               君が知る誰かほかの人のように
 
               「彼女」 が君を愛しつづけてくれるようにと
 
               私はねがう、
 
               そしてまた君の命運が私の古いねじれた命運の上にも
 
               輝いてくれることをねがう
 
               恋を失った男に
 
              もう涙は湧かない。

 

戻る      次 へ