霧の行進


私の生を過ぎてゆく
霧の行進のなかには
折につけ
幾度も繰りかえし見る
多くの古い形態があり
非常に多くの表情がる。

   時には、

   埃よけや
   書きつけの証明書を収納している
   本棚の間には
   アーモンドの芽
   丸い顔
   丘に生える荒涼とした枝枝

      時には、

      廊下に敷かれたカーペットの上、
      指先上の金属盆
      白黒の吟遊詩人
      給仕の
      髪の毛の
      黒い点
      黒い衝撃

         時には

         移動するファイル類
         応答するベル
         携帯する公文書
         水掛け論
         貴族
         平民

            時には、

            スキタイ人の横顔
            遠く離れた公文書保管庁に
            直立する衛兵
            静かに緊張し灰色がかった
            軍人のイメージ

               時には、

               クトブの影のなか
               機械作りの
               鷹狩りのカーペット、
               影は
               古びた墓と
               濡れた草を閉じ、
               濃さを増す暗闇のなかの
               木の下の潜伏。

                  時には、

                  ホテルのカウンターの背後の
                  無人の場の
                  ドイツ人ための予約席、
                  そこから隠れたテラスと
                  カーテン仕切りのドアのついた壁龕(ニッチ)へと続く
                  狭い上り階段。

                     時には、

                     距離は消えうせ
                     風の中に髪は逆だち
                     また遠い空間へと
                     形態はまぎれ、
                     スパイクのついた靴の中の
                     脚の長い
                     柳腰の足どり。

                        そして幾度も幾度も
                        繰り返し見る
                        おびただしい数の新しい形態
                        おびただしい数の古い顔貌、
                        終りのない痕跡の中を
                        霧の行進は
                        移動し続け

戻 る               次 へ