.

横川秀夫 随想・随筆・評論集


BACK TO HOME   

 

 1 章  和文英訳と英文和訳
第 2 章  リトアニア詩の幕開け
第 3 回  辞 典
第 4 回  「両眼微笑」 とその背景
第 5 回
  自作詩の翻訳 
第 6 回
  私の 「両眼微笑」
第 7 回  奇妙な経験
第 8 回  何を如何に(1)
第 9 回  何を如何に(2)
第 10 回  何を如何に(3)
第 11 回 推敲と詩の原点       
第 12 回 このサイトとメンバーの近況など
第 13 回 人間の真価が問われるとき
第 14 回 言語リズムと行替え
第 15 回 詩の技法における2つの方向
第 16 回 詩における根源的リズム
第 17 回
 またまた椿事勃発
第 18 回
 声の復活と復権
第 19 回 漢字の世界
第 20 回 文語・口語・漢文調
第 21 回 ネット上での著作権とその周辺
第 22 階 私の なかの気韻静動

 第 23 回 ウルマン詩 「青春」 にまとわる雑感
 
第 24 回 詩の翻訳の本質
 第
25 回 私の長編叙事詩
 
第  26 回 リンゴの季節と味
 第 27 回 こんなにも良い 月を一人で見て寝る
第  28  回  ナンダラウアレハ 
第  29  回  詩の定型についての雑学的考察
第  30  回   挨 拶 詩  |   リトアニア詩の再開
第 31 回
 日本の現代詩
第  32 回 
詩の朗読 (ゴータマ・ブッダ覚え書き
第 33 回  複数言語の詩人
第 34 回 視覚と聴覚
第 35 回 詩の朗読  |  気合い
第 36 回  咳を」してもひとり
第 37 回 旅に病んで夢は枯野をかけ廻る
第 38 回 ひとつの解逅
第 39 回 日本語、英語どっち? 
            
難波のことは夢のまた夢
第 40 回   雨ふるさとはだしであるく